rulururu

post 川島理一郎画伯 足利市出身作家

10月 10th, 2015

Filed under: 上州骨董屋日記 — admin @ 6:55:28

昨日、川島理一郎画伯の作品を購入させていただきました。

足利市出身の日本を代表する作家であります。この作品は、1934年頃、中国 東南アジアを旅をした時の作品と思います。

川島理一郎  (栃木県立美術館より)

[ 1886 – 1971 ]

KAWASHIMA, Riichiro

1886 栃木県足利郡足利町(現在の足利市通5丁目)に生まれる
1905 渡米、コーコラン美術学校などで学ぶ
1911 パリに移る。アカデミー・ジュリアンなどで学ぶ
1914 第一次大戦下のパリで藤田嗣治とともに赤十字で働く
1919 アメリカを経て14年ぶりに帰国。資生堂で個展開催後、翌年再びヨーロッパへ。資生堂の嘱託としてパリのファッション情報などを伝える
1925 新設された国画創作協会第二部に参加
1927 ニースのアトリエにマチスを訪問する
パリのアトリエで、その後は東京でも、若い画家たちの集う「金曜会」を開く
1934 中国旅行。以後たびたび中国、東南アジアを旅し、制作
1951 渡欧、ピカソ、マチスと再会
1971 東京で死去

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

ruldrurd
Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/art-kurihara/public_html/blog/wp-content/themes/bloggers-cafe-10/sidebar.php on line 35